新人樹木医歓迎会を開きました!

平成26年2月22日に大阪市中央区の道頓堀ホテルにて、新人樹木医歓迎会を行いました。
 4名の新人樹木医全員を含む総勢33名の参加となりました。
 歓迎会では、はじめに真田理事長より歓迎と励ましの気持ちがこもった挨拶が行われました。また、食事をはさみながら、歓談およびその他先輩樹木医による挨拶や近況報告が行われ、引き続いて、新人樹木医による自己紹介と樹木医としての得意分野のアピールが行われました。

もっと詳しく

On 4月 23rd, 2014, posted in: NPOおおさかの活動 by KO

古市古墳群の巨樹と梅を訪ねて

 平成26年3月の講座は、古市古墳群を擁する藤井寺・羽曳野両市に点在する巨樹を求めて歩き、いにしえのロマン・謎・神秘に迫りました。
 案内はNPOおおさかの真田俊秀樹木医にお願いしました。
 午前9時に近鉄高鷲駅前に集合した受講者は11名、総勢14名での開催です。

 藤井寺市から羽曳野市にかけて東西・南北約4kmの範囲に広がる古市古墳群。4世紀後半から6世紀中頃にかけて120基を超える古墳が築造され、現存する45基には、墳丘長200mを超える巨大な前方後円墳が7基も含まれています。堺市にある百舌鳥古墳群とともに、独特な墳墓の築造に膨大なエネルギーを注ぐという、他に類を見ない特異な文化がかつて日本に存在したことを物語る貴重な歴史資産であり、平成29年の世界文化遺産登録をめざしています。

もっと詳しく

「台湾大学の樹木QRコード」

先日、国立台湾大学構内をうろうろしていると、全ての高木につけられた樹名板にQRコードが記されていることに気づきました。最近は日本の公園などでもこのようなQRコードがついたサイン(看板)を見かけることがあります。樹木につけられたQRコードの場合は、樹木散策やオリエンテーション用にQRコードがつけられている場合が多いようです。台湾でも同じように樹木の解説などが登録されているのかとiphonで読み取ってみるとびっくり。樹木の診断内容まで記されているではありませんか。
 樹木形状寸法、位置(座標)、樹木の解説、植栽時期などが細かく説明されています。過去の写真も数枚掲載されています。下に添付したのは診断内容の抜粋です。NPOおおさかで実施しているような本格的な診断内容が記されています。活力度判定も掲載されています。
 私は過去に診断したカルテを探すのにいつも一苦労しています。それを考えるとなんと上手な管理方法だと感心しました。何よりも、樹木の前で過去の診断結果が分かると言うのは樹木医にとって便利この上ない素晴らしいことです。
NPOおおさかでも、診断した樹木にこのようなQRコードでの情報掲載を実現していただきたいものです。IT音痴の私には無理ですが。

もっと詳しく

On 3月 20th, 2014, posted in: 樹木医アラカルト by KO

大雪の万博公園

 NPOおおさか緑と樹木の診断協会では、NHK文化センター梅田教室から受託し、「樹木医とめぐる巨樹・巨木」という現地講座を毎月(原則第2金曜日)開催しています。

 平成26年2月の開催は、吹田市にある万博記念公園内の樹木を訪ねました。
 案内は万博公園での勤務経験もある大槻憲章樹木医にお願いしましたところ、万博公園の植栽メンテナンスにかかわる信原元樹樹木医と岩井美菜子樹木医も応援に駆けつけてくれました。受講者は9名、総勢14名での開催です。

 ご記憶の方も多いかとは思いますが、大阪万博は1970年、81の国と国際機関が参加して、戦後日本では東京オリンピックに次ぐ国際イベントとして行われました。
 最終入場者数の6421万人は2010年の上海万博までトップであったとのことです。

もっと詳しく

On 3月 16th, 2014, posted in: NPOおおさかの活動, 樹木医アラカルト by KO

チャノキの伝来

 お茶といえば、煎茶・抹茶・紅茶・ウーロン茶など、いろいろある。
今回は、ツバキ科のチャノキが日本に入ってきた古い記録を書き、次回は飲料の茶葉を書く。 「類聚国史」(るいじゅうこくし 寛平4年、892年、菅原道真)に「弘仁6年(815年)4月に嵯峨帝(在位810~822年)が滋賀の唐崎の近くの崇福寺に寄られ、僧永忠が茶をさしあげたところ喜ばれた。 同年6月、畿内、近江、丹波、播磨などに植え、献じさせた。」 とある。
 このチャノキは永忠が唐から持ち帰ったものというが、「日吉社記」では僧最澄が805年に持ち帰った、と書かれている。

もっと詳しく

On 3月 14th, 2014, posted in: 樹木医アラカルト, 緑と樹木について by KO

冬芽観察

 3月に入り、スギ花粉の飛散がピークを迎え、非常に息苦しい日々が続いています。
 景色は春めいて来ましたが、奈良の奥山はまだ厳しい冬の衣装をまとっていて、春はまだ先です。しかし、木々のなかには、そろそろ春を意識して動き出しているものもあります。そんな木を探して平成26年3月1日に山にでかけました。
 場所は奈良県天川村の神童子谷で、天気は曇り空。
 1月の山は荒涼とした感じでしたが、3月になると少し色めいてきて、まさに「山笑う」といった風景もすぐそこです。

もっと詳しく

On 3月 9th, 2014, posted in: 樹木医アラカルト, 緑と樹木について by KO

高野山の「三鈷の松」と韓国 曹渓寺の「白松」

平成26年1月31日の街路樹研修会の2日後、韓国からの客人を案内して真言宗の総本山 高野山に行ってきた。外国人の観光地案内は京都、奈良が定番、世界遺産に指定されてもまだマイナーな高野山、それも真冬の高野山へ行く外国人は少ないだろうと不安な気持ちで案内した。やはり冬の高野山は観光客もなく閑散静寂であった。杉木立の中を霧が立ち、神厳な奥ノ院、巨木林の中の聖地であった。京都、奈良の寺社とその賑わいを想像していた客人も、母国にない風景に神妙な様子。奥ノ院や苔生した墓石群の前では、敬虔なキリスト教徒でありながら暫し合掌、宗教地としてではなく日本の古い文化地に自然に掌が合わさったのでは・・・。植生が似た韓半島にも天を突く杉の巨木林はなく、その威厳さを感じたようである。
 高野山の数多の院を案内しながら総本山の金剛峯寺に案内、居並ぶ伽藍を巡り境内を散策する。やはり韓国の樹木医、異国の一木一草が「木」になるようで名前を訪ねられる。そのような中、御影堂の前に端垣で囲まれた松の木が目に留まった。案内板を見ると「三鈷の松」と記されている。「空海(弘法大師)が唐の明州の浜から投げた三鈷杵が海を渡り高野山まで飛び、この松に引っ掛かり、この地を密教を広める地とした」との伝説がある。

もっと詳しく

On 3月 4th, 2014, posted in: 樹木医アラカルト, 緑と樹木について by KO

『機器による分析技術』

衰弱した樹木の原因を特定していく際に非常な困難にぶつかることが多々あります。顕微鏡の範囲で同定できるレベルだとまだましなのですが、困ったことに培養が出来なかったり、培養しても相当な条件が整わなければ特徴のでないものだったりするものに出会うことがあります。
 
 例えばキノコに類するものは菌糸の特徴が少ないものが多く、本当にキノコの傘ができるまで、見分けることがとても困難です。

もっと詳しく

On 2月 22nd, 2014, posted in: 樹木医アラカルト, 緑と樹木について by KO

能天気Part2

「ただいま・・・。」
 その日、当時高校3年生の息子は明らかに不穏な空気を漂わせて学校から帰ってきた。
「ケータイ失くした・・・。」
なるほど、それで機嫌が悪いのか・・・。しかし、私はここで頭ごなしに叱るようなことはしない。高校3年生といえばとても多感な年頃である。こういう時はあまり刺激しないよう冷静に話そう・・・と思う間もなく、横から妻の容赦ない攻撃が炸裂していた・・・。
「え~!なにやってんの?!ちゃんと大事にしいひんからそんな事になんねんやんか!」
「大事にしてるよ!してるけど失くなってんから、しゃあ~ないやろ!」
私の妻は、感情のコントロールが全くできない。息子は、自業自得だとわかっていて、やり場の無い怒りを押し殺していたのだが、妻の容赦ない攻撃によって完全に理性を失い、我が家は一瞬にして修羅場と化した。

もっと詳しく

On 2月 13th, 2014, posted in: 樹木医アラカルト by KO

稲村ヶ岳登山(その2)

稲村小屋で昼食をとったあと、いよいよ稲村ヶ岳めざして出発です。
稲村小屋からは踏み跡が消えていたので不安でしたが、尾根をまっすぐに進めば迷うこともないだろうと思い、樹氷に囲まれた坂を上ります。
雪はほとんど凍結している状態だったので、アイゼンだけで進むことができました。

もっと詳しく

On 2月 8th, 2014, posted in: 樹木医アラカルト by KO