秋の星空観察

 朝、晩に秋の気配を感じる季節となりました。そこで、平成25年9月末の28日(土)、星空の観察のため奈良県の上北山村に出かけました。
 大阪を昼過ぎに出発し、川上村へと車を走らせ、まずは大迫ダムの湖畔にある、入之波温泉(しおのはおんせん)に入湯。ここで汗を流し、さっぱりした後、上北山村に入り、R169からR309に入り、行者還トンネルの東側の小さな広場に車を止める。ここは標高が1,120mあり、目の前には大台ケ原の山並みが手に取るように良く見える。

 

行者還トンネル出口からの眺め

行者還トンネル出口からの眺め

 

 ここでビールを飲みながら夕食を食べていると、だんだん暗くなってきた。その時、近くの藪でガサッと音がしたので、懐中電灯を向けると、なにやらタヌキみたいな小動物が2匹、藪の中にさっと隠れてしまった。
 うす暗くなった空の西南の方向に金星が明かりを放っている。
 以前は、星座盤で星の名前を確認していたが、夜なので見にくい欠点があった。今はGoogle Skyというアプリを携帯にダウンロード(無料)してそれを使っている。携帯を空に向けると、向けた方向の星座や星が一目でわかる。

 

グーグルスカイで見る星座

グーグルスカイで見る星座

 

 ビールで酔いがまわった頃、あたりは真っ暗となり、空を見上げると満点の星である。空が澄み切っているので、手に取るように星がよく見える。
 カメラを出して星空の写真を撮る。

 

秋の星空 

秋の星空 

 

 夜も更けてきたので、車の中で寝ることにする。肉じゃがなどの夕食の残りはそのままにして、車に入る。靴は車の下に入れて、そのまま朝まで眠る。
 外が白み始めた頃、朝日を見るために車のドアをあけ、靴をはこうとしたが、昨晩、車の下に入れておいたはずの靴がない。なにやらキツネに化かされた気分である。
 靴下のまま、車の周辺をさがすと、車から30m位離れたところに左足の靴があった。しかし右足の靴はどこをさがしても見つからなかった。
 

 

見つかった左足の靴

見つかった左足の靴

 

 外にだしてあった夕食の残りの肉じゃがなどは、そのままで全然食べられていなかった。私が作った肉じゃがよりも靴のほうがおいしそうに見えたのか。
 それにしても何が私の靴をくわえていったのか。
 しかたなく、右足は靴下をはいただけで車を運転して帰ることにする。

 帰る途中で赤い実をつけた樹が目に飛び込んでくる。車を止めて見てみると「ガマズミ」の実であった。採ってかえって「ガマズミ酒」にすれば良いが、靴が無くなったショックでその気になれなかった。

 

ガマズミの実

ガマズミの実

 

 しばらく進むと紅葉が始まった樹があった。また。車を止めて見てみると「シラキ」の葉であった。「シラキ」の葉は鮮やかな赤に紅葉するので、これからが楽しみである。

 

シラキの紅葉

シラキの紅葉


 街中に比べ山は一足先に秋の気配が強くなっていることを感じた次第である。
         真田 俊秀

もっと詳しく

On 10月 17th, 2013, posted in: 樹木医アラカルト, 緑と樹木について by KO

川迫川渓谷の散策

 台湾研修から帰国した週末の平成25年9月22日(日)、奈良県天川村の川迫川(こせがわ)渓谷に出かけた。
 台湾は蒸し暑かったが、ここは標高が800m位あり、大変涼しくて気持ちが良い。
 あたりは秋の気配が忍び寄り、夏に比べて静かで、のんびりと読書でもしたい気分である。
 林道を歩いていると、道沿いに「アケボノソウ」の可憐な花が咲いている。
 「アケボノソウ」はリンドウ科センブリ属の2年草で、その名前の由来は、花弁の紫色の点と黄緑色の丸い模様を、夜明けの星空に見立てたものらしい。

 

アケボノソウ

アケボノソウ

 

 そして、紅い小さな花もあった。「ゲンノショウコ」の花である。「ドクダミ」「センブリ」と共に江戸時代から民間薬として知られている。

 

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

 

 しばらく歩いていると、遠くの森の中で、なにやら怪しい黒い物体を発見。
 望遠レンズをセットし、暗いのでフラシュをたいて撮ると、丸い小さな光が二つ浮かび、よけいわからない。

 

怪しい物体

怪しい物体

 

 そこで、普通に望遠で撮ると、黒い物体の正体が判別できた。それはカモシカだった。
 このあたりでは、シカやサルは時々見かけるが、カモシカは初めてである。

 

カモシカくん

カモシカくん

 

 川迫川渓谷には、多様な樹種があり、いろいろ目を楽しませてくれる。
サルナシが青い実をつけていた。サルナシはマタタビ属マタタビ属のつる性植物で、実は小さなキウィといったところか。サルやクマの大好物でもある。
 少しいただくことにする。

 

サルナシ

サルナシ

 

 そして家に持ち帰り皿に入れてゴミを取る。

 

収穫したサルナシの実

収穫したサルナシの実

 

 そして、小さなビンにサルナシを移し、そこに砂糖とホワイトリカーを入れる。これで果実酒の完成。お正月にはおいしいサルナシ酒が飲める。これでお正月の楽しみが出来た。

真田 俊秀

もっと詳しく

On 10月 10th, 2013, posted in: 樹木医アラカルト, 緑と樹木について by KO

台湾の樹木(第2回)

 第1回に続き、台北市中で見た樹の紹介です。

 最初はサルスベリの仲間の「大花紫薇」です。 「大花紫薇」は熱帯アジア原産で、高さは20mにもなるミソハギ科の落葉高木です。夏に、やわらかそうな桃色の花を咲かせます。

 

大花紫薇

 

大花紫薇の花

大花紫薇の花

 

 次に「楊桃」の紹介です。「楊桃」は日本ではゴレンシと呼ばれ、スターフルーツとも言い、熱帯アジア原産でカタバミ科の常緑高木です。
 果実は食用になり、そのまま食べたり、サラダやピクルス、砂糖漬けなどに用いられます。
 日本でも沖縄や宮崎県などで栽培されていて、なじみのある木です。

 

楊桃

楊桃

 

 次は「血桐」という変わった名前の樹です。
「血桐」の枝は折れると樹液が流れ出し、酸化して赤色に変わり、まるで血が流れているようなので「血桐」という名がついたそうです。また、植物の葉柄は普通は葉縁にありますが、「血桐」の葉柄は葉の中央で上方に偏っていて、古代の武器のようなので、「盾形葉」とも呼ばれます。

 

血桐の葉

血桐の葉

 

 次はトウダイクサ科の常緑高木の「茄冬」です。日本では「アカギ」と呼ばれています。街路樹や庭木として植栽されています。たわわに実った実は食用にもなります。沖縄では首里金城町に大木が6本あり、国の天然記念物に指定されています。

 

アカギ

アカギ

 

アカギの実

アカギの実

 

 そして、次の樹も実をたくさん付けます。クワ科の半常緑高木の「雀榕」です。街路樹などに植栽されていて、日本では、「アコウ」と呼ばれています。イチジクによく似た実は食べられます。成長すると気根で他の樹を枯らしてしまうので、締め殺しの木とも呼ばれます。

 

アコウの実

アコウの実

 

 次も気根をたくさん出す樹で「榕樹」と言い、日本では「ガジュマル」と呼ばれています。クワ科の常緑高木で、街路樹や公園に植栽されています。
沖縄県名護市のひんぷん(屏風)ガジュマルは有名で、この木にはキジムナー(精霊)が住むという言い伝えがあります。
この木も気根を出し、他の木に発芽し寄主に枝を伸ばし絞め殺して大木になります。
赤い実がたくさんなっていましたが、この実はコウモリや鳥の餌になります。

 

ガジュマルの根

ガジュマルの根

 

 そして、次はかわいい花をつけていた「プルメリア・ルブラ」です。キョウチクトウ科の常緑小低木で、ハワイでは非常に人気のある樹です。茎を折ると白色の乳液を出し、有毒ですが薬用にもなります。乾燥に強く、日あたりの良い屋外でよく開花します。

 

プルメリア・ルグラ

 

プルメリア・ルグラの花

プルメリア・ルグラの花

 

 まっすぐ伸びた大きな樹は「黒板樹」と言い、キョウチクトウ科の常緑高木です。
よく見るとビルの屋根を突き破って枝を大きく伸ばしていました。別名「ミルキーパイン」といい、樹皮を傷つけるとミルクのような白い樹液が流れます。そういうところは日本にある「シラキ」によく似ていると思いました。秋には白いアジサイのような花が咲きます。

 

黒板樹

 

黒板樹の根元

黒板樹の根元

 

 この「黒板樹」は、立地環境はあまりよくありませんが、地域のシンボルとして、いつまでもこの姿を保ってほしいものです。

            真田 俊秀

もっと詳しく

On 10月 8th, 2013, posted in: NPOおおさかの活動, 緑と樹木について by KO

台湾の樹木(第1回)

 先月、日台合同樹木研修会が台湾の台北市であり、平成25年9月12日~15日の4日間、台湾に滞在し、いろいろな樹木を見てきました。その中の一部を紹介します。

 まず、台北市中で見た樹の紹介です。
最初に「水黄皮」という樹です。台北市内の公園等に植栽されています。マメ科の樹木で熱帯地域から亜熱帯地域で多く見られる樹木です。マメ科特有の奇数羽状複葉の葉を付けていて、花は清らかな香りがあります。実は油を多く含み。灯油や潤滑油と利用されてきました。

 

水黄皮

水黄皮

 

水黄皮の花

水黄皮の花

 

 次に「鳳凰木」という樹です。街路樹や公園などに植栽されています。「鳳凰木」はマメ科の落葉高木でマダカスカルが原産ですが、台湾の風景にもよくなじんでいます。葉は優しい黄緑色をしていて、涼しげで、「ジャカランダ」の葉にどことなくよく似ています。日本では沖縄にいくと見ることができます。

 

鳳凰木

鳳凰木

 

鳳凰木の花

鳳凰木の花

 

 3番目は「海檬果」です。和名は「ミフクラギ」いい、公園などに植栽されています。キョウチクトウ科の常緑高木で、「オキナワキョウチクトウ」とも言います。
 この樹は非常に強い毒を有し、樹の傷に触れた手で目をこすると腫れることから、沖縄方言で「目脹ラ木」(ミクラフギ)と言われ、これが和名となりました。かっては、この毒で魚を採っていたそうです。

 

海檬果

海檬果

 

海檬果の花

海檬果の花

 

 4番目は「白千層」(ハクセンソウ)と言う樹です。「白千層」は台北市内の街路樹でよく見かけることができ、公園や庭にも植栽されています。フトモモ科の常緑高木で、樹皮がボロボロとめくれることから「脱皮樹」とも呼ばれます。葉からは油が精製され、ユーカリによく似ているなと思いました。

 

白千層

白千層

 

白千層の花

白千層の花


 5番目は、「矮性仙丹花」です。日本では「サンタンカ」と呼ばれ、鉢花で出回っているのでよく知られています。アカネ科の常緑低木で、たいへん種類も多く、花色もさまざまです。沖縄では露地で普通にみられ、「オオゴチョウ」「デイゴ」と並び沖縄三大名花のひとつに数えられています。

 

矮性仙丹花

矮性仙丹花

 

矮性仙丹花の花

矮性仙丹花の花

 

矮性仙丹花の黄花

矮性仙丹花の黄花

 

 まだまだ、紹介したい樹はありますが、とりあえずここまでで第1回はおしまいです。

        真田 俊秀

もっと詳しく

白花曼珠沙華

赤い花なら曼珠沙華
オランダ屋敷に雨が降る
濡れて泣いてるジャガタラお春・・・

確か、中学生の頃、ラジオからこんな歌謡曲が流れていました。
何という曲名で、誰が歌っていたのかは知りません。忘れました。
 ヒガンバナ(曼珠沙華)の花は、赤いものだとばかり思っていましたが、団地の一角に白い花が咲いているのを見つけました。
 いろいろ調べたところ、「シロバナマンジュシャゲは九州に産す。」とありました。
シロバナタンポポと同じように、九州では白花が多いようですが、理由は書かれておりません。
 団地の白花は、どのような経緯でやって来たのかなア? ヒガンバナは結実しないので、種子が零れて此処で育っていることは有り得ない。 鱗茎が分離して増殖するので、九州から移住して来た人が古巣を懐かしんで、鱗茎を植えたのかなア? それなら、他人に悪戯されないように、ベランダで鉢植えするでしょうに?
 いずれにしても、初物を見せて頂いて私には嬉しい初秋でした。

澤田 清

曼珠沙華

曼珠沙華

 

白花曼珠沙華

白花曼珠沙華

もっと詳しく

On 9月 30th, 2013, posted in: 樹木医アラカルト, 緑と樹木について by KO

高安山~信貴山の古道と朝護孫子寺などの巨樹・巨木めぐり

 NPOおおさか緑と樹木の診断協会では、NHK文化センター梅田教室から受託し、「樹木医とめぐる巨樹・巨木」という現地講座を毎月(原則第2金曜日)開催しています。

 9月に訪れたのは古代から歴史の舞台として有名な信貴山です。案内は信貴山隣山、高安山の2合目ともいうべきところに在住し、子どものころから信貴山に慣れ親しんだ當内匡(とううちただし)樹木医です。
 残暑まだ厳しい中、大和平野の素晴らしい眺望を楽しみながら、自然と歴史をたっぷり散策しました。
 受講者は13名、総勢16名での開催となりました。

 

 

 

 近鉄大阪線から信貴山線に乗り換え、西信貴ケーブルに乗車します。運転席にはオニヤンマが既に乗車していました。信貴山の自然への期待が膨らみます。
 かわいい寅の描かれたケーブルカーで高安山駅に集合です。

 

 

 

 高安山駅では、2合目から登ってきた當内樹木医が出迎えてくれました。

 

 

 高安山~信貴山の古道と朝護孫子寺の巨樹・巨木めぐりへの出発です。
 自然のヤブランは美しい。

 

 

 最初に出会ったのはヤマザクラの巨樹です。樹齢約200年といったところでしょうか。

 

 

 

 高安城(たかやすのき)跡、高安城倉庫跡などの史跡を見た後、テングス病にやられた桜を観察。

 

 

 マツノザイセンチュウによって枯れて放置されたアカマツが倒れています。

 

 

 こちらのアカマツは朽ちてもなお立ち続けています。

 

 

 杉木立の中に残されたヤマザクラの巨樹です。

 

 

 大地にしっかり根を張る姿は樹木の力強さを感じます。

 

 

 このシイノキも立派でした。

 

 

 赤い鳥居がいっぱい並ぶ空鉢護法堂が総本山信貴山の頂上部にあたります。大和平野を一望するこの場所はモミジも多く、紅葉も美しいそうです。

 

 

 大本山玉蔵院さんのお部屋をお借りしてのランチタイム。
 三鈷松(さんこのまつ)を主木となった前庭は當内樹木医が手掛けたものです。

 

 

 

 朝護孫子寺本堂からは信貴山の豊かな緑を眺望できました。
 近くには行けませんでしたが、飛び出して見えているのはモミノキでしょうか。

 

 

 

 

 神木のカヤノキです。カヤの実は仏事に使用されているようで、ほとんど収穫されていました。数粒採取し、持ち帰って電子レンジでチン。良質の油が採れるとあって多少渋みはあるものの香ばしくて美味ですよ。

 

 

 

 

 千手のイチョウです。珍しいものらしいのです。銀杏は少々小ぶりでしたが、味は普通でした。

 

 

 聖徳太子さまが初めて毘沙門さまを拝まれ、お利益をいただかれたのが、寅の年、寅の月、寅の日であったと言い伝えられ、信貴山にたくさんの寅がいます。大小様々の張り子の寅や石像、西方守護神白虎像など。中でもお土産に買った寅せんべいと寅まんじゅうは家族に好評でした。
 我々はバスで奈良県側のJR王子駅から帰ります。當内樹木医は笑顔でバスを見送ってくれました。彼は来た道をまたケーブルにも乗らず八尾の自宅へ帰るそうです。じぇじぇじぇ!

 

 

 

 

 今回出会った主な樹木は、リョウブ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、アカマツ、アカガシ、コナラ、イロハモミジ、シイノキ、カヤノキ、イチョウ、ウメ、シラカシ、エゴノキなどでした。

「樹木医とめぐる巨樹・巨木」はNPOおおさかに所属する樹木医を初め、近畿の各樹木医によって大切に守られている各地の巨樹・巨木をめぐります。詳細についてはNHK文化センター梅田教室(担当:尾藤)までお問い合わせください。

もっと詳しく

On 9月 22nd, 2013, posted in: NPOおおさかの活動, 樹木医アラカルト by KO

さらば 我が青春

 平成25年8月28日(水)の夕刊に悲しい記事を見つけました。
藤沢嵐子さん死去 88歳「タンゴの女王」でした。 本名、早川嵐子、老衰のため新潟県長岡市内の病院で22日死去した。 と書かれていました。 故早川真平さんの妻として、天寿を全うされたのだと思いました。
 私が高校生の頃からのファンでした。60年以上、タンゴの虫でした。 私の青春でした。
ありがとうございました。 安らかにお眠りください。 秘蔵のレコードのなかから、私が好きな絵柄を思い出と一緒に送ります。
 私が好きだった歌は、A La Gran Muňeca,日本名では、「大きな人形」又の名を「素敵な美人」です。 ピアノとバンドネオン・バイオリンのハーモニーをバックに、旧東京音楽学校(現東京芸術大学)出身の嵐子さんのすばらしい歌でした。
 そして又、Hasta Siempre Amor 「とわに別れを」です。 恋しい人と別れた失恋の情感を歌い込んだタンゴですが、私にとっては、嵐子さんとの別れは失恋以上の悲しみです。
 ありがとうございました。 御冥福をお祈り申し上げます。

澤田 清

 

 

 

 

 

もっと詳しく

On 9月 19th, 2013, posted in: 樹木医アラカルト by KO

高野山大杉林~ブナ原生林めぐり セラピーロード金剛界~女人堂スペシャルルート

 NPOおおさか緑と樹木の診断協会では、NHK文化センター梅田教室から受託し、「樹木医とめぐる巨樹・巨木」という現地講座を毎月(原則第2金曜日)開催しています。

 8月の講座は、高野山に在住する日本樹木医会和歌山県支部長の山本聰洋樹木医の案内で高野山の大杉林とブナ原生林をめぐりました。下界では連日、猛暑日でしたが、高野山の涼しさに期待して、受講者は15名、総勢19名での開催となりました。
 高野山は、今からおよそ1200年の昔、弘法大師(空海)により、真言密教修繕の地として開創され、2004年7月7日、「紀伊山地の霊場と参詣道」という名称でわが国12番目の世界遺産に登録されました。

 

 

南海高野線極楽橋からケーブルカーで高野山へ、南海りんかんバスに乗り替え「奥の院口」に集合しました。

 

 

 

 山本樹木医のガイダンスの後、誰もが知っている有名人や有名企業のお墓や大杉林を観察しながら石畳の参道を行きます。奥の院弘法大師御廟までの約2キロにわたって樹齢500年を超える巨樹・巨木がこれほどの密度で生育している状況は圧巻です。
 弘法大師御廟を参拝、お大師さま信仰の聖地である付近は脱帽、撮影禁止でした。

 

 

 

 

 

 

 ここから標高1004mの摩尼山山頂を目指します。
 あまり急峻では無い山道との案内でしたが、それなりに山道です。
 けれども、休憩と給水を十分に取るペース配分ですから楽しい登山です。

 

 


 ありがたいことに受講生から凍らせたグレープフルーツが差し入れられました。

 

 

 こんな怖いのも居ましたけど。

 

 

 

 

 来た道ですが、下山も楽しく植物観察、摩尼山の天然林の中を帰路につきました。

 

 

 今回のコースで説明を受けた主な樹種は
高野六木のスギ、ヒノキ、コウヤマキ、モミ、ツガ、アカマツの他、ノリウツギ、クロモジ、シロモジ、ヤマシグレ、ヤマアジサイ、スズタケ、ホオノキ、サルナシ、アセビ、ナンキンナナカマド、ミヤマシキミ、ミツバツツジ、シラキ、ソヨゴ、コウヤボウキ、ナガバノコウヤボウキ、ウリハダカエデ、イヌブナなどでした。

「樹木医とめぐる巨樹・巨木」はNPOおおさかに所属する樹木医を初め、近畿の各樹木医によって大切に守られている各地の巨樹・巨木をめぐります。詳細についてはNHK文化センター梅田教室(担当:尾藤)までお問い合わせください。

もっと詳しく

On 9月 19th, 2013, posted in: NPOおおさかの活動, 樹木医アラカルト by KO

池田の「がんがら火祭り」

がんがら火祭り

がんがら火祭り


 北摂・池田には「池田・愛宕火の祭礼」で「がんがら火祭り」と称する奇祭があります。
 毎年8月24日、池田の夜空を焦がす「愛宕火」の行事は、五月山(最高峰315m)の山腹220m付近に鎮座する愛宕神社を中心にして行われる火祭りで、正保元年(1644年)以来、360余年の長きに亘って連綿と続けられてきました。
 火祭りの運営は、市内の城山町と建石町の町会が、別々の火祭り行事を行っています。
 
城山町は、愛宕神社から神火を拝受し、五月山の西側山腹にある神社鳥居下(標高200m付近)に「大一」の火文字を灯します。 次に、神火を山麓に下して全長4mの大松明2本に神火を移します。 火の粉を散らしながら若者達が大松明を「人の字」に組みながら、街を練り歩きます。 この時、八丁鉦をガンガラ・ガンガラと鳴らしながら大松明を引き摺って進むので、別名「がんがら火」と呼ばれています。
 午後7時30分頃、山麓を出発して街中を練り歩いた大松明は、午後10時頃、城山町に帰ってきて、「がんがら火祭り」は終了します。

建石町は、五月山の東側山腹、大明ヶ原(標高250m付近)に愛宕神社の神火で「大」の火文字を灯します。 午後5時頃、建石町の「星の宮」に集合した子供会の子供達70~80人が揃いの法被に豆絞りの鉢巻き姿で、手に手に青竹のタイマツを持って五月山の山麓まで行き、代表者の子供達が大人に連れられて山を登って大文字の神火を貰い受けに行きます。 下山して山麓で待っている大勢の子供達の青竹タイマツに神火を移して、火行列は8時過ぎに星の宮に帰ってきます。 その後、青竹タイマツは星の宮の広場で焚かれ、火行列は終了します。

写真は、昨年のポスターです。 右下に「大文字」と「大一文字」の火文字が見えます。 また、「がんがら火」を担いでいる若者達も見えます。 大工の衣装を身に着けていますので、火祭りの翌日は皮膚科の医院に押し寄せると聞きますが、今年は翌日が日曜日なのでどうなるのでしょうか。 お可哀想に。

もっと詳しく

On 8月 24th, 2013, posted in: 樹木医アラカルト by KO

雨に咲く花

 連日・連夜、猛暑が続きますネ。 皆様、お元気ですか?
 木や花も一雨欲しいことでしょうネ。しっとりと濡れて咲いている花も良いものですネ。
 雨に咲く花。 昭和10年(1935年)、私が生まれた年の暮れ、タンゴの美しい歌謡曲が発表されました。
 世界は軍靴の響きが大きくなって、翌11年2月に2.26事件が起こり、その筋の圧力も強くなってきて、のんびりとタンゴなど歌っている時代では無くなりました。

  別れた人を 想えば悲し 呼んでみたとて 遠い空
  雨に打たれて 咲いている 花が私の 恋かしら

 内務省から査察が入り、題名や歌詞はズタズタになりました。この歌詞では当然でしょうネ。
 これが今から約80年前の姿です。

 それでは約1000年前はどうだったでしょうか?
 清少納言の枕草子(平安時代中期、西暦1000年頃)の美しい文章と古今和歌集(平安時代初期、西暦905年頃)に美しい和歌が詠まれています。

 「木の花はこきもうすきも紅梅。(中略) 4月のつごもり、5月のついたちの頃ほひ、橘の葉の濃くあをきに、花のいと白う咲きたるが、雨うち降りたるつとめてなどは、世になう心あるさまに、をかし。」 これは、「4月末、5月の初め頃、橘の葉が濃くつやつやと青いなかに、花が真白に咲いているのが、雨の降った翌朝などにしっとりと濡れている風情は、世にまたとない奥深しい美しさだ。」と言っています。

 「春雨に にほへる色も あかなくに 香さへなつかし 山吹の花」 
 古今和歌集 2-122 によみ人知らず
 「春雨に濡れてしっとりとした美しい色もいくら見ても見飽きないほどなのに、その香りまで心にひかれる山吹の花」
 どういう感性の持ち主でしょうかネ。

 澤田 清

もっと詳しく

On 8月 12th, 2013, posted in: 樹木医アラカルト by KO