2014 正月登山

 新年おめでとうございます。

 年末から大掃除などでどこにも外出できず、やっと3日の日は自由になったので大峰山脈方面に出かけることにする。
 家を8時過ぎに出て、観音峰登山口に10時過ぎに到着。すでに駐車場は満車でした。
 10時20分に登山口を出発し、入り口の雪の積もった吊り橋を渡る。

 

登山口入り口

登山口入り口

 

 登山の途中で何組かの下山する人達に遭遇。やや出遅れたか?
 急いで登り11時20分に観音峰展望台(1285m)に到着。
 雲ひとつない絶好のポカポカ天気で、目の前には稲村ケ岳(1726m)の白い山容がそびえ立っていた。

 

稲村ケ岳

稲村ケ岳

 

 ワンちゃんも山に登っていました。向こうに見えるのは近畿最高峰の八経ケ岳(1915m)です。

 

ワンちゃんと八経ヶ岳

ワンちゃんと八経ヶ岳

 

 そこで昼食を食べた後、稲村ガ岳を目指して出発。
 観音峰(1347m)を過ぎたあたりから、雪の中にひざ上まで足がはいり、非常に疲れる。
 縦走するにはスノーシューが必要なのがわかった。
 山上ケ岳(1719m)が見えてきたが、法力峠の手前で力尽きて観音峰展望台まで引き返す。

 

法力峠手前から見た山上ケ岳

法力峠手前から見た山上ケ岳

 

 天気予報では午後から曇る予想だったのに全然雲が出ていない。
 ここで思案して星を撮ろうと思い立ち、登山口まで下山して三脚をかかえ再び観音峰展望台まで登る。
 昼間の好天気で稲村ケ岳は雪が溶け、夕映えはもうひとつでした。

 

夕暮れの稲村ケ岳

夕暮れの稲村ケ岳

 

 星の写真はまだ下界の明かりが届き、撮影するなら真夜中が良いがそこまで待てない。
 それでも、稲村ガ岳の上に見えた、オリオン座、ふたご座、おうし座、ぎょしゃ座などが撮影できました。

 

稲村ケ岳上空の星空

稲村ケ岳上空の星空

 

 星座の名前を記入した写真を添付しておきます。

 

星座を記入した写真

星座を記入した写真


 帰りは真っ暗な道を懐中電灯の明かりを頼りに下山しました。
 たっぷり歩いたので正月のアルコールが抜けてすっきりした気分で家に帰りましたが、そのあとビールをたらふく飲んだので、またアルコール漬けの体になってしまいました。

    真田

On 1月 19th, 2014, posted in: 樹木医アラカルト by KO
Comments are closed.